記事一覧

【自己紹介】
はじめまして

【公開楽曲一覧】
公開楽曲一覧

【アンサンブル技法】
チューニングあるいは調弦(その1)
チューニングあるいは調弦(その2)
リコーダーとギターの音域
リコーダーアンサンブルにギターが加わることの利点
リコーダーアンサンブルに適するギターの音色について
平均律か純正律か?
ギタリストも吹こう!
アンサンブルの人数
楽譜が少ない(お世話になった楽譜集)
なぜ和音は気持ち良いか
音程のこと(その1)
音程のこと(その2)
音程のこと(その3)
カポタスト
出だしの合図
ブレス(息継ぎ)の大切さ
リコーダー4声にギターパートを追加する
アンサンブルにおけるリコーダーとギターのバランス
ギターの調弦 私の方法
ギターとPA
リコーダー&ギターアンサンブル練習 覚え書き

【楽曲解説】
カノン(J.パッヘルベル)4本のリコーダーとギター
今こそ別れ(ダウランド)4本のリコーダーとギター
ヴィヴァルディ協奏曲「春」 4本のリコーダーとギター
白い色は恋人の色 2本リコーダーとギター
ブランデンブルグ協奏曲6-1(バッハ)2本のリコーダーとギター
日本の唱歌など 2本のリコーダーとギター
ジュピター(木星)2本のリコーダーとギター
フルート四重奏曲K.285 第1楽章 リコーダーと3本のギター
YELL(いきものがかり) 2本のリコーダーとギター
ギター重奏曲など
イタリア風グラウンドによるディヴィジョン(R.カー)リコーダーとギター
となりのトトロより
Etude in D ギターアルペジオ練習曲
眩暈(めまい)2本のリコーダーとギター
H.パーセル グラウンドによる3声のファンタジア 3本のリコーダーとギター
リコーダーとギターの調べ~世界の旋律/小山勝編より
菊池雅春さんの曲集
不滅のアレグレット
ギター合奏でベートーベン交響曲
白い色は恋人の色 ギター四重奏
広い河の岸辺~The Water Is Wide~ オカリナとギター
ヴィヴァルディ「春」第1楽章 3本のリコーダーとギター
イエスよ、私は主の名を呼ぶ BWV632 リコーダー・ギター三重奏
モーツァルト カノンKV.560b ギター重奏
サウンド・オブ・ミュージック・メドレー
美しいフィリスが(J.ファーマー) 4本のリコーダーとギター
ギターとピアノのアンサンブル
歌、リコーダーとギター NEW

【その他 音楽関連】
唱歌と賛美歌
ヴィヴァルディのヴェネチア
きのくに「かたり」寄席
Bois Bleu ボア・ブルー(青い小さな森)
ギター弦の張り替え
ギターが修理から帰ってきました
怒涛の三日間
パーカッションの楽しみ
遠藤賢司
朗読とギター
和歌山ギター協会第63回定演「星空コンサート」
ハープの楽しみ
ドームでの演奏
ギター二重奏
竹田の子守唄~2014星空コンサートより
西光忌
絶対音感・言語・音楽
菜の花コンサート
近況
バッハを読む楽しみ
残響のある室でギターを弾く楽しみ
星空コンサート
ギターの音色と和音の綺麗さ
無題
ギター 毎日の基礎練習
ソル作品の楽しみ
演奏会に向けて

【その他 音楽以外】
ミツバチの分巣
江戸の旅事情
東京がうらやましい
暑い
ねこ派 いぬ派?
価値観の形成・本物を見る目
古座川の支流にて
息抜き
白亜の岬
近況です
さくらんぼ

山頂で
陶芸家の庵
戦争へ一歩近づく?
スポンサーサイト
00:00 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

歌、リコーダーとギター

近々、とある催しにリコーダーアンサンブル夢笛で参加します。歌の方の出演もあり、そのギター伴奏を頼まれました。曲は以下の3曲。
 (1)瑠璃色の地球/作詞:松本隆 作曲:平井夏美/歌:松田聖子 1986年
 (2)花のささやき In Un Fiore/歌:Wilma Goich(伊)1960年
 (3)オーシャンゼリゼ Les Chanps-Elysees/歌:Daniele Vidal(仏)1971年
(2)はウィルマ・ゴイクという女性歌手のカンツォーネ、いつ頃聴いたのか定かであはありませんが、サビの部分は聞き覚えがありました。

せっかくなので、イントロやオブリガートにはリコーダー2本も加えて編曲し、楽譜を作りました。調性はいずれの曲も、D(ニ長調)またはG(ホ短調・ト長調)ではじまり、ギターもリコーダーも無理なく演奏できます。ただし各曲とも、後半エンディングの手前で転調して半音上がるので、そこはギターもリコーダーも若干しんどいです。

瑠璃色の地球(RVoG)

花のささやき(RVoG)

オーシャンゼリゼ(RVoG)

(1)瑠璃色の地球の楽譜はこちら(有料)、参考MIDI音源はこちら
(2)花のささやきの参考MIDI音源はこちら
(3)オーシャンゼリゼの参考MIDI音源はこちら
(2)と(3)の洋楽曲は、著作権取扱い上楽譜の配信は難しそうなので公開していませんので、御用の方はここのメールフォームからご連絡を下さい。
21:36 | 楽曲解説 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

演奏会に向けて

3月に所属するリコーダーアンサンブルの演奏会があります。今回は演奏者は4人。演奏曲目中ギターが入る曲は、アンコールピースを別にすれば以下の5曲です。

 日本古謡/今様(SATG)菊池雅春編 
 成田為三/浜辺の歌(SATG)菊池雅春編
 ヘンデル/オルガン協奏曲 第1楽章(SnATG)徳永隆二編※
 野田暉行/ソプラノリコーダーとギターのための こきりこ変奏曲(SG)
 宇多田ヒカル/花束を君に(SATG)曽根圭司編※

※の付いた2曲は、積志リコーダーアンサンブルさんが編曲されたリコーダー四声用編曲です。そのバスリコーダーパートをギターに書き直して演奏します。

「ヘンデル/オルガン協奏曲」は、低音と和声の厚みを増やしたい、バスパートにも時々出てくる16分音符のパッセージが私のリコーダーの技量ではちょっと厳しいからです。元譜のバスパートはほぼ原曲の通奏低音パートと思われます。単音のバス声部にチェンバロの右手のような和声を付加する、言いかえると通奏低音をギターでリアリゼイションすることがギター編曲の作業内容になります。バロックソナタの通奏低音をギターでやることは、若い頃からさんざん行ってきているので、楽譜つくりは楽しんで行えました。
オルガン協奏曲

「花束を君に」は、ほぼベース音の役割を担っているバスリコーダーパートをギターの低音に置き換え、曲のダイナミクスをより大きく表現できるようにギターの和声付け(伴奏付け)を考えて作りました。
花束を君に

「こきりこ変奏曲」もうずいぶん昔にギター仲間のSさんから、私のリコーダーと一緒にやりましょうと楽譜をもらっていたことがありますが、実現することなく、そのうち楽譜もどこかに散逸してしまいました。今回ビスタアレのDさんから「やりましょう」とのお誘い、ギターパートを担当することになりました。1回めのお試し合わせの時、ありゃー初見演奏ができません、この手の曲は。
普通の素直な和声の曲と違い、重音の譜玉をぱっと見て左手押さえパターンを直感的につかむ、ということができません。演奏は暗譜ではなく楽譜を見て行いますが、左手の運指を数字で書き入れる方法ではあまり効果がないのを悟り、思い余ってコードダイアグラムのようなフレット押え図を楽譜に書き込みました。これは正解だったようで、フレット図を見て直感的に左手押さえを行えるようになりました。
こきりこ
23:20 | その他 音楽関連 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ギターとピアノのアンサンブル

ギターとピアノのアンサンブル曲、楽器の普及率からいうと最も行いやすい組合せです。でも、なかなか良い曲がありません。ご紹介するのは、ギタリスト・作曲者の佐藤弘和さんが1998年~1999年にかけて雑誌現代ギターに連載されていた、ギターと他楽器のための二重奏作品のシリーズから2曲。

 ギターとピアノのための「はかなき幻影」 現代ギター1999年1月号
 ギターとピアノのための「タランテラ」 現代ギター1999年2月号

長女のピアノと私のギターで、2007年5月のライブ録音です。
昨年末に佐藤弘和さんが亡くなられたと知ったのはつい最近でした。
まだ50歳だったとのこと、惜しまれます。
00:48 | 楽曲解説 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ソル作品の楽しみ

毎日のギター基礎練習(ウォーミングアップ)の後に弾いているのは、最近はもっぱらソルの練習曲や小品群です。

私のギター(野崎光一1999作)、最近とみに和音が美しく響くようになってきました。その代わり余韻は短くなり、また例年のごとく夏の暑い時期に裏板がビリ付く症状も発生していますが、それにはギター裏板と自分の腹部の間に折ったタオルを挟むことで対処しています。
この和音が美しく鳴ることの原因は、前にも書いたとおり、基音が充実し、逆に倍音は少なめというこの楽器の特性がより顕著になってきたことにあると思います。倍音が少ないことによって、平均率ゆえの3度、5度のずれによる唸りが聞こえにくくなり、しかし基音は充実しているので、それらが合わさった和音が、あたかもリコーダーアンサンブルの和音のように美しく聞こえるということではないかと思います。(リコーダーの音色は倍音が極めて少ない)

そのようなギターで弾くことによって、ソル※作品の魅力を再発見しています。
※フェルナンド・ソル(Fernando Sor)1778~1839 スペインバルセロナ生まれの作曲家・ギター奏者
具体的には、和音をアルペジオではなく同時(重音)弾きするタイプの曲でそれが著しい。

ソル作品6-10,11
重音タイプの曲とアルペジオタイプの曲の例。図上段はソルop.6の№10の後半Maestosoの部分、下段は№11の出だし部分

以前だと3声4声の重音はどうしても響きが汚く、あまり楽しめませんでしたが、それが今は和音の響きに安心して身を委ねられる感じです。その結果、重音を多用したソル作品に、今まで気づかなかった楽しさ美しさを発見し、それに浸っているところです。
重音における各音の音量バランス、言い換えると和音を支える低音とそれに乗る2声3声の各声部の音量バランスや音色がたいへん重要だということにも気づかされました。この各声部のバランスをとるには、実際的には、各弦の音量を必要量に応じて小さくする方向で行います。大きくする方向で調整しようとすると、今の私のギターではその音色が突出してしまい、溶け合わなくなります。こういう演奏スタイルは、広いホールで多数の聴衆に向かって聞かせるのには向かないと思いますが、自分ひとりだけ、または極少人数の前で弾く分には問題ないと思います。

ところで、このように和音がきれいに聞こえる事によって美しさを発見する作品は、今のところソル作品のみです。残念ながらジュリアーニやカルカッシ、またバッハの作品には、そういう再発見はありません。その理由が何なのか今はよく判りません。ただ言えることは、ソル自身が作曲し弾いていたのは、そういう和音がきれいに聞こえる楽器ではなかったか、これはかなりの確信をもってそう思います。それ即ち、いわゆる19世紀ギターなのか?19世紀ギターを弾いた経験がない私にはよくわかりませんが、それに近いのではと思います。
18:36 | その他 音楽関連 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑