FC2ブログ

記事一覧

【自己紹介】
はじめまして

【公開楽曲一覧】
公開楽曲一覧

【アンサンブル技法】
チューニングあるいは調弦(その1)
チューニングあるいは調弦(その2)
リコーダーとギターの音域
リコーダーアンサンブルにギターが加わることの利点
リコーダーアンサンブルに適するギターの音色について
平均律か純正律か?
ギタリストも吹こう!
アンサンブルの人数
楽譜が少ない(お世話になった楽譜集)
なぜ和音は気持ち良いか
音程のこと(その1)
音程のこと(その2)
音程のこと(その3)
カポタスト
出だしの合図
ブレス(息継ぎ)の大切さ
リコーダー4声にギターパートを追加する
アンサンブルにおけるリコーダーとギターのバランス
ギターの調弦 私の方法
ギターとPA
リコーダー&ギターアンサンブル練習 覚え書き

【楽曲解説】
カノン(J.パッヘルベル)4本のリコーダーとギター
今こそ別れ(ダウランド)4本のリコーダーとギター
ヴィヴァルディ協奏曲「春」 4本のリコーダーとギター
白い色は恋人の色 2本リコーダーとギター
ブランデンブルグ協奏曲6-1(バッハ)2本のリコーダーとギター
日本の唱歌など 2本のリコーダーとギター
ジュピター(木星)2本のリコーダーとギター
フルート四重奏曲K.285 第1楽章 リコーダーと3本のギター
YELL(いきものがかり) 2本のリコーダーとギター
ギター重奏曲など
イタリア風グラウンドによるディヴィジョン(R.カー)リコーダーとギター
となりのトトロより
Etude in D ギターアルペジオ練習曲
眩暈(めまい)2本のリコーダーとギター
H.パーセル グラウンドによる3声のファンタジア 3本のリコーダーとギター
リコーダーとギターの調べ~世界の旋律/小山勝編より
菊池雅春さんの曲集
不滅のアレグレット
ギター合奏でベートーベン交響曲
白い色は恋人の色 ギター四重奏
広い河の岸辺~The Water Is Wide~ オカリナとギター
ヴィヴァルディ「春」第1楽章 3本のリコーダーとギター
イエスよ、私は主の名を呼ぶ BWV632 リコーダー・ギター三重奏
モーツァルト カノンKV.560b ギター重奏
サウンド・オブ・ミュージック・メドレー
美しいフィリスが(J.ファーマー) 4本のリコーダーとギター
ギターとピアノのアンサンブル
歌、リコーダーとギター
埴生の宿 歌とギター
S.ジョプリンのラグタイム
リコーダー4声+ギター 編曲 2題
マンドリンとギター
バッハ 前奏曲とフーガ BWV998より
J.S.バッハ/コーヒーカンタータBWV221より アリア
先日のコンサートより音源紹介
3つのスパニョレッタ ギター四重奏
イタリア風グラウンドによるディヴィジョン
F.マルゴーラ 三つのギターのためのソナタ
第75回 星空コンサート
リコーダー4声にギターパートを追加する ロシア民謡 NEW

【その他 音楽関連】
唱歌と賛美歌
ヴィヴァルディのヴェネチア
きのくに「かたり」寄席
Bois Bleu ボア・ブルー(青い小さな森)
ギター弦の張り替え
ギターが修理から帰ってきました
怒涛の三日間
パーカッションの楽しみ
遠藤賢司
朗読とギター
和歌山ギター協会第63回定演「星空コンサート」
ハープの楽しみ
ドームでの演奏
ギター二重奏
竹田の子守唄~2014星空コンサートより
西光忌
絶対音感・言語・音楽
菜の花コンサート
近況
バッハを読む楽しみ
残響のある室でギターを弾く楽しみ
星空コンサート
ギターの音色と和音の綺麗さ
無題
ギター 毎日の基礎練習
ソル作品の楽しみ
演奏会に向けて
日本のポピュラー音楽史
2017菜の花コンサート
ソル作品の楽しみ(その2)
遠藤賢司没
星空コンサート
大きな椋の木の下で
夏の夜風に英国の音色を

【その他 音楽以外】
ミツバチの分巣
江戸の旅事情
東京がうらやましい
暑い
ねこ派 いぬ派?
価値観の形成・本物を見る目
古座川の支流にて
息抜き
白亜の岬
近況です
さくらんぼ

山頂で
陶芸家の庵
戦争へ一歩近づく?
聲の形(こえのかたち)
スポンサーサイト



00:00 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

リコーダー4声にギターパートを追加する ロシア民謡

リコーダーアンサンブル用の編曲を精力的に行っている金子健治さん。たくさんの曲集が出版されています。

 全音オンラインショップ/金子健治さんの楽譜

「リコーダー四重奏で楽しむ○○○」シリーズの近刊として出たのが「リコーダー四重奏で楽しむ ロシア民謡」です。リコーダーアンサンブル夢笛メンバーが購入したのでさっそくやってみました。私たちの技量でもほぼ初見でアンサンブルできる、易しくかつ楽しめる編曲です。各パートに主旋律が回ってくるし、リコーダー四声の絡み合いも生かされたよい編曲だと思います。
夢笛は私を含めてメンバー5名なので、SATBと私のギターの5人でやれるよう、ギターパートを付加します。全曲とも楽譜にコードネームが記されていますが、ギターパート作成に当たっては、まずリコーダー四声を楽譜ソフトに打ち込み、リコーダー四声の響きを聴きながらギターを加えて行きます。楽譜に記されたコードネームはとりあえず無視します。どの曲も、よく知られたメロディー、和音はもほぼ聴き憶えているので、ギターパート付加にあたっては、リコーダー四声に合わすための微調整だけでスラスラと行うことができました。
ただし「ヴォルガの舟歌」だけはちょっと苦労しました。この曲だけが和音のたて線が希薄、というかフリギア旋法風の横線を生かした(対位法的な?)編曲が施され、どことなく中世風な雰囲気をたたえています。そこへギターが単純な短調や長調の和音を添えることがためらわれたので、3度音程の使用はできるだけ控えて少ない音数で、中世風な雰囲気を壊さないように配慮しました。
とりあえず以下の6曲にギター譜を付けました。

01 1週間

02 カチューシャ

03 黒い瞳

04 ステンカ・ラージン

05 ヴォルガの舟歌

06 ポーリシュカ・ポーレ

ギター譜がご入り用の方は、本ブログのコメント投稿欄にて「管理者だけ表示を許可する」でご投稿下さい。
20:28 | 楽曲解説 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

第75回 星空コンサート

先日の「和歌山ギター協会 第75回定期演奏会 星空コンサート」のプログラムです。
2019星空_プログラム
●リコーダーアンサンブル夢笛の3曲をご紹介します。
(1)白い色は恋人の色 2本のリコーダーとギター
(2)いつも何度でも 2本のリコーダーとギター
(3)イタリア風グラウンドによるディビジョン リコーダーとギター
(4)カプリオール組曲より リコーダー五重奏
  1. Basse Danse
  2. Pavane
  4. Bransles
  6. Mattachins
  の4曲を演奏しています。
(1)~(3)は、以前から楽譜及びMIDI音源を本ブログで紹介していましたが、そのライブ録音版になります。
(4)はP.ウォーロック(1894~1930)がルネサンス期の舞踏曲を元に作曲し、それをS.テイラーがリコーダー用に編曲したもの。リコーダーアンサンブルをする人にとっては定番の組曲です。

●ギター合奏
(5)三つのスパニョレッタ ギター合奏
前に紹介した「3つのスパニョレッタ ギター四重奏」をギター合奏で演奏しました。レキントギターやギタロンを含む10名編成です。
00:29 | 楽曲解説 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

F.マルゴーラ 三つのギターのためのソナタ

1996年のライブ録音よりギター三重奏です。
めずらしく?近現代の曲を演奏しています。演奏当時は、作曲者や作品のことは調べずに(調べられずに)、ただ目の前の楽譜を演奏しただけでした。トリオメンバーのひとりkubo氏が、和声的にあまりきれいでない?このタイプの曲が好みだったことが、この曲を選んだ一因と記憶しています。
当時と違い今は、インタネットによる検索が可能なので、曲や作者について調べてみました。

【作曲者について】
フランコ・マルゴーラ Franco Margola
1908年10月30日~1992年3月9日 イタリアの作曲家。
作品には2つの交響曲、2つのピアノ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲、オーボエ協奏曲、ホルン協奏曲、チェロ協奏曲、8つの弦楽四重奏曲、室内楽曲、ギター曲などがあります。

【作品について】
作曲者名でIMSLPを検索しても、この作者に相当する作品は見当たりません。
さらにネット検索で調べてみると、アメリカのマイアミ大学の学位論文の中に
 Franco Margola's Chamber Works with Guitar : A Guide and Annotated Catalog
が見つかりました。これは、大変参考になりました。その結果、本曲は1981年に作曲され、1985年にイタリアで出版されたことが判りました。同論文によると、F.Margolaは他楽器や弦楽合奏とのアンサンブルを含むかなり大量のギター作品を書いています。そして作曲年代が思いのほか新しいこともちょっと驚きでした。なんとなく1900年代前半かなと思っていましたから。

この「三つのギターのためのソナタ」の構成は、
 Ⅰ Ricercare Moderato
 Ⅱ Tranquillo assai
 Ⅲ Allegro spigliato
の三楽章構成で、急/緩/急の組合せになっています。
F.Margola_Sonata_1
F.Margola_Sonata_2

難易度的には、各パートとも単声部の進行がほとんどで、広く演奏されることを作曲者が望んで易しく書いたのかなと思うほどです。
第1楽章は、Ricercare(リチェルカーレ)の表題どおり、まるでバッハの対位法作品のような響きです、和声は別として。終わり方もフーガの終結部によくあるような属音のオルガンポイントが続いた後に終結します。
第2楽章は、Tranquillo(静かに、平穏に)、終始穏やかに進みます。冒頭で低音パートが奏でる旋律はなかなかに魅力的です。
第3楽章は、ポリリズムを用いた活発な曲。
以上、先の論文で「(作者の)3つのギター用作品のなかでたぶん最も良い」と述べているのも頷ける、佳曲だと思います。難易度もそう高くないので、ギター三重奏の現代曲としてもっと弾かれてよい曲かもしれません。

音源:ライブ音源
楽譜:Sonata (1981) Per Tre Chitarre/Franco Margola
22:20 | 楽曲解説 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

イタリア風グラウンドによるディヴィジョン

次回の奈良県五條市での演奏会でギターを担当することになりました。客前での演奏は、リコーダーパートは25年ほど前にやったことがありますが、ギターは初めてです。
先日リコーダー奏者keiさんとお試し合わせをしてみたらアレレ~、まったく弾けません。ギター(の左手)はハイポジションが多いので楽譜から目を離すタイミングが多く、その度に楽譜を見失ってしまうあり様。こりゃいかんということで今練習中です。完全な暗譜は無理でもハイポジション部分は、そこそこ暗譜で弾けるようにしなければと思います。
もうひとつ感じたのは、リコーダーとギターが掛け合う(楽器間で旋律を受け渡す、ギターがオブリガート旋律を弾く)場面が多く、それが上手くいかないと駄目なこと。その為にはギター伴奏者は、ただ楽譜通りに弾けるだけでは駄目で、リコーダー旋律を自分で歌いながら弾けるようになっていないとだめです。この「弾き語り」練習を行うと、合わせの難しい部分、すなわち旋律の気持ちとギター伴奏が合いにくい部分(その部分は歌いづらい)が見えてきます。自由に歌いながら、ギターも楽に弾けるようなるまで練習が必要。どうしても弾きづらいところはギター譜の音を減らして弾き易くする、演奏効果的にフォルテで和音を弾きたいところは音符を増やしてp指の弾き下ろしにする等のギター譜の改変も行います。
あと練習していて感じたのは、前述の旋律とギターの掛け合いで生まれる和声に結構新しい感じ(例えばmajor7thの和音とか)があり、ほんとにこれ17世紀の作品?、もしかして「カッチーニのアベマリア」みたいに後世の偽作では?との疑念もわきました。
そこで、1708年ロンドンで出版された楽譜をIMSLPで確認してみると、偽作ではなく確かに第2巻に「An Italian Ground」として載っています。

The Division Flute表紙An Italian Ground頁

ただし、上の楽譜をよく見ると、練習している楽譜と違うところがかなりあります。というか上の出版譜は味気ないくらいに簡単。適宜即興を加えて演奏することを前提にしているのでしょうか。
今練習している楽譜はじつは、H-M.リンデのブロックフレーテとギターK.ラゴスニックの録音から耳コピーしたものです。ほぼ同じ内容の通奏低音付の楽譜(校訂/編曲:H-M.Linde)もschott社から出ています。
つまり、今練習している楽曲は17世紀出版譜による音楽ではなく、H-M.Lindeの校訂/編曲したDivisionn upon An Italian Groundということになります。味気ない?元譜に種々の改変を加え、さらに相応しい通奏低音(の右手)も書き加えたH-M.リンデの功績のおかげで、今この曲を楽しめる訳です。

ハンス-マルティン・リンデ(1930年ドイツ生れ)まだご存命のようです。
18:58 | 楽曲解説 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑